大人女子コラム

正しい日焼け後のケア

皆さんUV対策はバッチリでしょうか?

うっかりUV対策を忘れてしまうことってありますよね。

たとえば首の後ろや耳の後ろだけ忘れてた!とか。

UV対策しっかりしていても焼けてしまうこともあります。

いったん日焼けしてしまうと手遅れ感がありますが、実はそんなことはないのです。

むしろ日焼けしちゃったからにはその後の対策が肝心になってきます。

日焼け後の正しいケアをご紹介します。

 

 

1.まずは冷やして水分補給を

日焼けは実は火傷と同じです。ですからまずは冷やします。

冷やし方は、保冷剤やビニール袋に入れた氷をタオルに包んで冷やしたり、

冷たいシャワーをあてたりすることをオススメします。

化粧水やクリームは肌に刺激を与えるので、敏感に赤くなっている場合や痛みがある場合は、

治るまで避けてください。

ミネラルウォーターなど水分補給をしっかり行い、内側からのケアもきちんとしましょう。

 

 

2.皮膚の水分補給 +オイルやクリームでしっかり蓋を

肌の赤みや痛みがひいてきたら、たっぷり化粧水をつけて保湿をしましょう。

惜しみなく使える安価な化粧水で良いのでやさしくパッティングして、

普段の3~5倍入れ込みます。

そして蒸発を防ぐためにすぐにクリームやオイルでしっかり蓋をしましょう。

 

絶対やってはいけないのが、皮を無理にはがすこと。炎症の原因になります。

 

3.美白ケアはお肌が落ち着いてから

「シミやソバカス作りたくない!」

日焼けしてしまったらすぐにも強めのホワイトニング化粧品を

使いたいですよね。

しかし、肌に赤味などがひいてもまだお肌は過敏です。

急いで強いホワイトニング化粧品を使うのは肌荒れを招きかねません。

赤味などが引いたら普段から使っている肌に合っているホワイトニング化粧品

から使うことをお勧めします。

 

 

大事なお肌。

優しく正しくアフターケアして、少しでも

日焼けのダメージがお肌に残らないようにしたいですね。

  • クーポン
  • ビフォーアフター
  • 東洋医学とは
  • 男性用美顔鍼
  • なぜ美容鍼は効くのか?
  • 比べてください!美容鍼と他の美容法の違い
  • 「鍼は、痛い・怖い」は誤解です!
  • お客様の声
  • メディア掲載
  • 注意事項
  • 新着情報・お知らせ一覧
  • 求人情報
  • ブログ
  • 全国交通事故治療院認定院
店舗名
カレンダー
詳細 アクセス・マップ お問い合わせ 店舗イメージ
店内イメージ