大人女子コラム

冷え症でお悩みの方に ~お灸って?~

日進市エリアから多くのお客様にご来院いただいている

あいメディカル治療院の美容鍼担当、田中です。

 

前回冷え性のお話をしました。

冷えの改善にはお灸がお勧めということも書きましたね。

最近はその温熱効果や補(ほ)の力(補うことに長けていること)が

雑誌などでも取りあげられてお灸ブームが来ています。

ですからお灸についてご存知の方もいらっしゃると思います。

でもまだまだお灸って?って方も多いのではないかと思います。

 

 

「鍼灸(しんきゅう)」とセットになって考えられますが、

鍼と灸は施術に用いる道具もアプローチの仕方違えば、実は国家資格も鍼師、灸師と別々のものです。

 

 

灸は基本はよもぎの細かい繊維(もぐさ)を小塊にしてこれを皮膚上のツボに置き、

線香で火をつけるもので、その薬効と温熱効果を期待した施術です。

ですがお灸には実はいろいろな種類があるのです。

一部をご紹介します。

 

①直接灸

撚ったもぐさを皮膚に直接載せて燃やします。最も基本的な灸の方法。

 

②間接灸

皮膚に直接もぐさを乗せるのではなく、物や空間を間においてお灸します。

 (1)円筒灸・台座灸

 紙でできた筒の上や台の上に乗ったもぐさを燃焼させます。

  

  

 

(2)隔物灸

 皮膚の上にしょうがや、ニンニクのスライス、味噌などを乗せ、その上にもぐさを乗せて燃焼させます。

(3)温灸

 皮膚の上に器などを乗せ、その上にもぐさを入れて燃焼させます。

(4)棒灸

 葉巻状にもぐさを紙に包んだ形状をしています。からだに当てずに皮膚から浮かしてその熱感だけを伝えます。

③電子温灸器

灸頭鍼という、鍼と灸を組み合わせた施術の刺激、効果を火を使わずに再現できる機器。

 からだの芯から冷えている方など根深い、深部からの冷えにお勧めです。

 

 

というようにお灸には様々な種類があります。

円筒灸や台座灸はその形状から扱いやすく、やけどになりにくいので自宅でされるのにお勧めです。

格物灸もニンニクやしょうがの成分も同時に浸透するので温まりやすいと思います。

ただ、肌の弱い方などには少々刺激が強い場合もありますので注意が必要です。

個人的には棒灸が好きです。

じんわりと温かく、本当に気持ちがいいです。

人にやってもらえるならそれが一番いいですが、もちろん自分でもできます。

少々、取扱いのあるお店に限りが出てきますが、今はインターネットで購入も可能でしょう。

ただ、お灸の煙が他のお灸より多いので気になる方はお勧めできません。

 

好みや使い勝手などで種類を選ばれると良いと思います。

 次回はこれらのお灸を使って冷え症に効くツボをご紹介したいと思います。

 

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

         日進市・長久手市・名東区の美容鍼は

            あいメディカル治療院

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

  • クーポン
  • ビフォーアフター
  • 東洋医学とは
  • 男性用美顔鍼
  • なぜ美容鍼は効くのか?
  • 比べてください!美容鍼と他の美容法の違い
  • 「鍼は、痛い・怖い」は誤解です!
  • お客様の声
  • メディア掲載
  • 注意事項
  • 新着情報・お知らせ一覧
  • 求人情報
  • ブログ
  • 全国交通事故治療院認定院
店舗名
カレンダー
詳細 アクセス・マップ お問い合わせ 店舗イメージ
店内イメージ