大人女子コラム

お肌の乾燥が気になる方に ~からだ編~

ここのところ外気の乾燥とともに

患者様から肌の乾燥の相談を受けることが増えてきました。

とくに全身の肌の乾燥を訴える方が多いんですね。

 

そんな方にお勧めの入浴時のケアを今回は書きたいと思います。

 

まず、入浴法。

これから寒くなってくるので、

ついつい熱いお湯に入りたくなりますよね。

しかし、乾燥肌の方はあまり熱いお湯に浸かったり、

熱いシャワーをするのはお勧めできません。

 

なぜなら熱いお湯であればあるほど、からだに必要な分の皮脂まで奪ってしまって、

それにより水分も失い、乾燥を進めてしまうからです。

食器などを洗うときも熱いお湯のがよく油汚れを落としてくれますよね。

肌の上、皮脂でも同じことが言えます。

皮脂はからだの水分が必要以上に蒸発するのを防ぎ、

その水分と混ざって、皮膚を守る大事なバリア機能を果たします。

ですから皮脂を必要以上落としてしまうのは絶対によくありません。

 

次はからだを洗う時のポイント。

同じ理由で、からだを洗う石鹸やボディーソープにも注意が必要です。

当然、石鹸は油汚れを落としますよね。

よって皮脂も汚れと一緒に落ちます。

もちろん健康な肌や皮脂が過剰な場合は、余り過ぎている皮脂を落とす必要がありますが、

乾燥肌の方は皮脂が不足している状態なので、あまり落としたくありません。

乾燥肌用のボディーソープを使うか、

かなり乾燥がひどい場合は、石鹸やボディーソープは使わず、

シャワーで流すだけにするのも手です。

本当にひどい場合は毎日、それ以外は程度をみて

石鹸を使う日を一日おきにするなどの工夫をされるといいと思います。

 

そして、石鹸やボディーソープを使うなら、泡立てネットなどを使って

泡で洗うようにしましょう。ボディーブラシや、ボディー洗い用のタオルなど、

乾燥肌で弱くなっている肌を強くこすってしまうと乾燥が進むだけでなく、

肌荒れ、肌トラブルを招いてしまいます。

 

そして、お風呂から出る前にぜひお勧めなのが「ホホバオイル」です。

ホホバオイルはアメリカに自生するホホバの木の種子からとれる天然のオイルです。

ビタミンEを豊富に含み、

人体の髪や肌を構成するアミノ酸を17種類も含んでいます。

医療機関でもやけどやアトピーの治療、人工心臓の潤滑剤

などに用いられるほど、安全性の高いオイルです。

妊婦さんや赤ちゃんのマッサージにも使えます。

からだ全体の乾燥肌が気になる方は

入浴時、お風呂から出て、からだを拭く前、

浴室内でホホバオイルをからだの乾燥が気になる

部分に塗布してください。

この時のポイントとしては脱衣所に出る前に

インバス(浴室内)でビショビショのまま塗るのがポイントです。

塗布できたら、タオルで軽く押さえて、完了です。

毎日続けていただくと乾燥肌が徐々に改善すると思います。

 

ホホバオイルのいいところは目などの器官を除いて頭皮を含め、

からだ全体に使っていただけるくらいの刺激の少なさです。

  

頭皮に使っていただくと頭皮を健やかにし、育毛効果もあるので

お勧めです。

 

乾燥の季節はこれからが本番。

まだまだ続きますから、去年ひどい乾燥で悩まされた方は

適切にケアし、少しでもひどくならないようにしましょう。

ひどくなったものは回復しにくいです。

 

乾燥はあらゆる肌トラブルの原因になります。

しっかりケアしましょう。

 

  • クーポン
  • ビフォーアフター
  • 東洋医学とは
  • 男性用美顔鍼
  • なぜ美容鍼は効くのか?
  • 比べてください!美容鍼と他の美容法の違い
  • 「鍼は、痛い・怖い」は誤解です!
  • お客様の声
  • メディア掲載
  • 注意事項
  • 新着情報・お知らせ一覧
  • 求人情報
  • ブログ
  • 全国交通事故治療院認定院
店舗名
カレンダー
詳細 アクセス・マップ お問い合わせ 店舗イメージ
店内イメージ